takedarena201811253

takedarena201811252

takedarena201811251





―――という「やれたかも委員会」をようやく見終わりました。


いやほら、録画するとそれだけで安心しません?
「いつでも見れる」と思っているといつまでも見ない、あるあるですね。



乃木坂46ファンのみなさん的な一番の見どころはやはり、最終話で女性相談者に同調し前のめりになる月綾子@白石麻衣?

「男性がB起しているか確かめたくなる気持ちはわかります」的なことを言ったときの塾長@佐藤二朗の表情!
テレビの前の諸兄も全く同じだったのではないでしょうか!?(ワタシはそうでした)


で、その最終話以外は全て男性2人が「やれた」札を挙げた後、月綾子@白石麻衣が女性視点の現実的意見を吐くというお約束。
もしそれがなかったらオトコの妄想が溢れるだけの単調なエロドラマになるところ、非常に重要な役回りだったと思われ。

オアシス@山田孝之とは2年前の「闇金ウシジマくん」で……





2年前!?







速すぎる時の流れ…
そりゃ女優さんとして成長されているわけですわ。


なおワタクシ的に一番アツかったのはやっぱり第3話の武田れなれな回でした。
あんなファンタジーありえん(笑)