gt2018072148


FBC2018-2、第4戦はクロアチアのドラゴントレイル・ガーデンズ。
いつだったかにアプデで追加されたコースですが低速コーナーが多くて個人的には好きじゃないです(笑)

こんなトコよりリアルサーキットを追加してくれポリフォさん。
スパは? 富士は? 他にも候補はたくさんありますよね? ないとおかしいですよね?



ハナシが逸れましたが…

ペンギン選手はビミョウなラップで予選3位。
予選後にセットをいじってやや良化。


12周の決勝がスタート。



gt2018072147


予選2位のcara選手は91kgのウェイトハンデ。
26kgのペンギン選手とはさすがにスタート加速が違いすぎます。



gt2018072146


ペンギン選手2位浮上。



gt2018072145


が、その先のストレートエンドで飛び込まれ……



gt2018072144


(コンッ)



gt2018072143


チッ(舌打ち)



gt2018072142


裏情報によると、前の2台はトラクションと縁石越え重視のセッティング。
ペンギン選手はバカの一つ覚えで高速コーナー重視。

コース後半の多角型コーナー、通称「カクカク」で追い付きます。



gt2018072141


ハザード?



gt2018072140


あざーす。
ペンギン選手2位復帰。



gt2018072139


それも束の間、最終コーナー。

トップのEVO選手が若干のオーバーシュートから一気にレコードラインに戻り…
ペンギン選手、びっくりフルブレーキング。


実際は当たるほどではなかった…



gt2018072138


アンダーを出して、インからcara選手。


良い子のみんなも気を付けよう!
フルブレーキングするとタイヤのグリップが100%縦方向に使われて、曲がらなくなるぞ!!



でもやっぱり「デブ」のcara選手には直線で追い付いて……



gt2018072137


(ガンッ)


ワザトジャナイヨー。
オモサノチガイデ、ブレーキングポイントガ、ズレテタンダヨー。



gt2018072136


さーせーん。



gt2018072135


とかやってる間にEVO選手は逃げるですよ。



gt2018072134


で、今度はcara選手とライオン選手がバトルをして…



gt2018072133


ペンギン選手の前後が開く展開に。



gt2018072132


そんなこんなで5周目。
みんなもう、だいぶタイヤが厳しい。



gt2018072131


EVO選手との差も限界だなー。
仕方ない。



やるか!




gt2018072130


アンダーカット!!



gt2018072129


これで後半スティントは7周。
タイヤは相当キツイけど、前に出ないことには始まらない。



gt2018072128


おお?
燃料が残り「46」%とは縁起が良い(笑)



gt2018072127


1周あたり11%の消費なので77%で良かったんですけど。
ちょっと多かった。



gt2018072126


6番手で復帰。


うん?
そこにいるのはクリスタル選手??

いつも上位の常連なのに、調子が悪いのでしょうか。


ま、なんにせよ……



gt2018072125



オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラオラオラオラオラオラ!!



nishinonanase20180721


パッシングの
嵐を浴びせる
ななせまる


―――GT川柳(字余り)



gt2018072124


譲ってくれたのかも(苦笑)



gt2018072123


6周目終わりでEVO選手がピットイン!



gt2018072122


タイヤ交換が終わって給油中。



gt2018072121


その頃ペンギン選手
最終コーナー立ち上がり!!



gt2018072120


EVO選手ピットアウト!



gt2018072119


ドンピシャ!!



gt2018072118


ペンギン選手、逆に約2秒のリードでトップ浮上。



gt2018072117


EVO選手もかなりの「デブ」、78kgのウェイトハンデがありますが?
タイヤが新しい分、さすがに追い付いてきます。


同じような画像が2枚続きましたが気にしてはいけません。無意識でした。好みの角度があるのですわ(笑)



gt2018072116


9周目には、ビタビタ。



gt2018072115


ビタビタ。



gt2018072114


ペンギン選手、最終コーナーで飛び出し。
やばーい。



gt2018072113


…セーフ。

1コーナーが高速コーナーでよかった。
低速コーナーだったら間違いなく飛び込まれてましたね。



gt2018072112


タイヤガー。
ペンギン選手、だいぶ苦しい。



gt2018072111


特に右リアが厳しい。
薄氷を踏むようなアクセルワークを要求されます。



gt2018072110


そうこうしている間に右フロントも。
「くそったれ! かってにふくらんでいきやがる!!」 by ゴッドフット


でも、なんだかんだEVO選手もそろそろキツイ模様。



gt2018072109


ペンギン選手
防戦一方
耐えるのみ。



gt2018072108


ファイナルラップ!!


無難に
無難に
無難に走り切りたい。



gt2018072107


って言ったそばからオーバーシュート!


ナンダヨー!



gt2018072106


しかしEVO選手も加速で滑ったー
ペンギン選手、またまたまたまた命拾い(笑)



gt2018072105


残りコーナー数ヒトケタ。

「カクカク」の手前でEVO選手がミス!
勝負ありー



gt2018072104


ペンギン選手、トップチェッカー!!


渾身のアンダーカットが大成功。
2位のEVO選手も途中、無理にでも抜こうと思えば抜けた場面もあったかと思いますが……

シリーズの盛り上がりを考えての忖度?
それともウェイトハンデを考えての損得勘定??


…ま、そこはね?(笑)




一方、その頃……



gt2018072103






gt2018072102


!?



gt2018072101



完全に「やった」な。



クリスタル選手、7位フィニッシュ。
ウェイト全降ろし。

※1位から順に +5% / +3% / +1% / 0 / -1% / -3% / -5% というルール。



他の上位勢は軒並みスーパーメタボ。
というわけで、次のレースは圧倒的超絶大本命に躍り出ました。



いいんですよ?
いやむしろ、こうでなくちゃ面白くない!!

どんどんやっていきましょう(笑)







次回はインテルラゴス。
このパワーサーキットにあって、ペンギン選手は今回の勝利でウェイトハンデ7%(91kg)というかなり厳しい状況―――



―――ですがこれから夏休みとかあるので、ここは可能な限り前でフィニッシュしておきたいところだったり。

ちょっと、運が必要ですね?
たまにはね??



ドウナルコトヤラー。