gt2018070772


FBC2018-2、第3戦はイタリアのモンツァ。
言わずと知れたフェラーリの聖地にして、世界屈指の高速サーキットですね。



予選でミスしたペンギン選手は7番手スタート。
ここからどこまで追い上げられるか?

なお下馬評では予選2位のcara選手が圧倒的に速いという情報。


10周の決勝レースがスタート!



gt2018070771


まずは1コーナー。
ここ最近、消極的な走りが目立つYTSK選手を難なくパス。

ドア開けっ放しどころか最初から存在しなかったレベルで開けてくれてますけど、どうしちゃったのでしょうか……


トップ争いはスタートで遅れたcara選手が神ブレーキでライオン選手を抜き返し。
ペンギン選手の前方ではkuni選手がEVO選手にオラオラ。



gt2018070770


と、そのkuni選手が第2シケインでブレーキングミス。
追突を避けてアウト側に逃げたらスピン。

あいやー。


ペンギン選手、5位浮上。



gt2018070769


バリアを飛ばしてくれます。
これが後に、重要な効果をもたらすことに……



gt2018070768


前の2台、ライオン選手とEVO選手は65kgのハンデウェイト。
ペンギン選手は39kgなので、直線では割と苦もなく付いて行けます。

ここは後半に備えて燃費セーブした方が得策かな?



gt2018070767


と思ってリフト&コーストしてたらブレーキングでYTSK選手とギリギリ状態。
YTSK選手はノーハンデなので、直線とブレーキは特に侮れず。



gt2018070766


とにかく今はまだ我慢して、静かに周回するのみ。
3周目の1コーナーでEVO選手がライオン選手をパスしますが大勢に影響なし。


っていうかポールポジションスタートのクリスタル選手、いつの間にかcara選手に抜かれてるし。
そして追っかけないし(苦笑)



gt2018070765


cara選手、早くも独り旅。



gt2018070764


5周目、YTSK選手はタイヤがキツくなってスリップ圏外へ。
クリスタルトレイン御一行は誰ひとりとして無理せず淡々とピットへ……



gt2018070763


みんな入ったああああ!!!



gt2018070762


1stスティント燃費選手権はトップ独走のcara選手が優勝。
メチャメチャセーブしてたから勝利を確信していたペンギン選手はまさかの2位に軽くショック。
以下、EVO選手、ライオン選手、クリスタル選手…



gt2018070761


作業中。



gt2018070760


こちらも作業中。



gt2018070759


ペンギン選手は全開で走ると1周あたり16%の燃料消費。
それを忠実に守って残り5周、80%まで給油。

ピットアウト!



gt2018070758


ピットアウト!



gt2018070757


ピットアウト!



からの~~~~~~…………








gt2018070756


ワァァァアアアアアア!!!(歓声)



ペンギン選手がライオン選手を抜いて4番手。
というか前のEVO選手ともほぼくっついた状態で復帰。



gt2018070755



開 戦 。




gt2018070754


ピットアウト直後の1コーナーでEVO選手がオーバーラン!



gt2018070753


ペンギン選手3位!!



gt2018070752


ライオン選手も狙う!



gt2018070751


ライオン選手レイトブレーキング!
ペンギン選手閉める!!



gt2018070750


当たるーー!
当たったーーー!!



gt2018070749


そして逃げたー(笑)



gt2018070748


そこに
バリアが
ないから


kuni選手、お気の毒ですがありがとうございます(笑)



gt2018070747


ライオン選手、失速して後退。
ペンギン選手3位キープ。
EVO選手4位。



gt2018070746


ちなみに前は
cara選手楽勝ムード。
クリスタル選手も後ろ3台がガチャガチャやってるので単独走行に。



gt2018070745


とか言ってたら7周目の第2シケインでペンギン選手がミス。



gt2018070744


EVO選手キターーー!!
ヤバイ!



gt2018070743


Xperiaケイマン寄せる!!


※よい子のみんなはマネしちゃダメだよ。



gt2018070742


並んでー



gt2018070741


木漏れ日の中、抜かれる七瀬。



gt2018070740


しかし諦めるのはまだ早い。
2位のクリスタル選手はどんどん離れていくけど気にしない。



gt2018070739


最終コーナー!



gt2018070738


インに



gt2018070737


潜り



gt2018070736


込む!



gt2018070734


並んだー



gt2018070733


並んだー



gt2018070732


ああああああああ!!!!



gt2018070731


絶対ミラー飛ぶわ(笑)



gt2018070730


おー
ばー
てーいく!!


ペンギン選手再び3位。



gt2018070729


…が。

鬼門の第2シケイン。



gt2018070728


ああ…



gt2018070727


2回目なので無駄な抵抗はしませんでした(笑)



gt2018070726


残り2周!



gt2018070725


1コーナーの
ブレーキングがちょっと甘いか?



gt2018070724


しかし絶妙に閉められて抜けず。



gt2018070723


EVO選手、ごめんねハザード発動。
この戦場にあってマナーを忘れないとは恐るべきメンタルパワー。



gt2018070722


そんなEVO選手、そろそろタイヤがキツそう。



gt2018070721


チャーンス!!



gt2018070720


入ったー。



gt2018070719


抜いたー。
またまた3位浮上ペンギン選手!



gt2018070718


さあもういいかげん逃げよう!



gt2018070717


ファイナルラップ!!



gt2018070716


びゅーーーーーー… ん?


あれ??






止 ま ら ん 。







gt2018070715


うごー



gt2018070714


んごーーー



gt2018070713


ちーん。



gt2018070712


ライオン選手にも抜けれて5位……



gt2018070711


しかし!



gt2018070710


安西先生!!




※あきらめたらそこで試合終了ですよ。



gt2018070709


とうっ!



gt2018070708


ペンギン選手いったああああああ!!!



gt2018070707


(あ、ダメかも…)





がちゃーん。





gt2018070706


EVO選手、飛ばされて逃げる。



gt2018070705


ペンギン選手失速
からの、ライオン選手に並ばれる。



gt2018070704


からの、抜かれる。



gt2018070703


危うくコースアウトしそうになったところで、試合終了。



gt2018070702


ペンギン選手5位フィニッシュ。



いやーすごいバトルでした。
たぶん世界中みても、こんな激しくてしかも誰もスピンやクラッシュをしないバトルはそうそうないでしょう。

月並みですが、勝手知ったる仲だからこそできるギリギリの攻防的な?
それをシリーズ戦(草レースだけど)の本番でやるっていうのがまた「粋」ですわな(笑)

負けはしましたけどこんな楽しさと緊張感が同居するレースは久々でした。



gt2018070701


優勝はぶっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちぎりでcara選手。
ちぎりすぎて誰も注目してくれなかったのが可哀相(笑)

オメデトウゴザイマース。







次回はオリジナルコースのドラゴントレイル・ガーデンズ。
奇しくもワールドカップで初の決勝に進んだクロアチアというタイミングの良さです。

ペンギン選手的には他の上位勢が軒並み5%以上のハンデを背負う中、モンツァで1%降ろして2%という絶好の条件。



……ですがここにも鬼門の縁石があり、予選はビミョウな3番手。

もう縁石越えはあきらめて、スムーズな走りに合ったセットをした方が良い気がします。
というわけで予選後は元のセットに戻してだいぶマシに。


軽さを生かして、決勝は好レースになるかな?