gt2018040743


はいー
毎度おなじみFBC2018-1。


全8戦のシリーズも、もう第6戦のブランズハッチ。

コース幅は狭いしストレートはなんか曲がってるしブラインドコーナーは多いしまさにオールドスタイルのサーキット。
昔はここでF1をやってたっていうんですからホントびっくりですよねアンビリバボーです(笑)


早速レポに行きましょう!



予選前にアップデートがあったんですが、なーんか挙動が変わってる?

後半の高速セクションで、なーんかリアが滑る。
そもそもこのコースは最初に走ったときからMAXダウンフォースが最適だと確信できるほどリアのスタビリティーがなくなりがち。
その感覚は正しくてMAXにしてからはほぼほぼ納得できる動きになっていたのですが、なーんか変わっちゃった。


というわけで練習のタイムに比べると約1秒遅くなりつつも「条件はみんな同じ」で2位。
なにげにこれで6戦中3回目の予選2位。安定感!


からの、まさかのポールポジションcara選手が決勝を欠場。


13周の決勝で先頭スタート。
緊張するぜー。



gt2018040742


っといきなりkuni選手がブッ飛び!

リプレイで見たらバイクのハイサイドみたいになってました。
相当ピーキーなNSXに仕上がっているようで…



gt2018040741


予選でも100分の5秒しか違わなかったEVO選手がピッタリ後ろに付いてきます。
というかセクター1~5のうち、4つで負けてたんですけどね実は(苦笑)



gt2018040740


EVO選手に対し、ペンギン選手が唯一勝ったセクターが高速コーナーオンリーで構成されるセクター4。
クルマの特性、セッティング、もしくは走り方の違いでしょうか?



gt2018040739


1周終わり。
これは長い戦いになりそう…



gt2018040738


2周目。

「予選アタック」でスリップ圏外に追い出せたら~とプッシュするも、無理っぽく。
クラッシュのリスクを負ってこの差じゃ割に合いませんわ。



gt2018040737


と思ったら3位のライオン選手がまさかのスピン。
トップ争いは2台に。



gt2018040736


しかし、抜けない、サーキット。



gt2018040735


何も…



gt2018040734


起こらず……



前を走ってる方はドッキドキですけどね!!



gt2018040733


6周目終わりで予定通りピットへ。
元チームメイトへの優しさってことで(笑)ウインカーを出しました。



gt2018040732


バサーストほどではないですがここのピットエントリーも高難易度。
コソ練していたペンギン選手は無事通過しますが……



gt2018040731



EVO選手はガードレールにヒット!!




gt2018040730


タイヤ交換。



gt2018040729


給油はちょっとだけで、ピットアウト!



gt2018040728


一方、EVO選手は入口でクラッシュした焦りからか、斜めピット!?



gt2018040727


これはちょっと、作業性が悪そう…



gt2018040726


ピットアウト!


果たして順位は……








gt2018040725



アッー!



(↑あることを示すネット用語です)



なおピット出口にて、ウインカーを解除するつもりが間違えて一瞬サイドブレーキを引いてしまったペンギン選手。
その節はびっくりさせてしまってすいませんなEVO選手(笑)



gt2018040724


まだピットに入っていないtoy選手の後ろに復帰。



gt2018040723


微妙な差、追いつくかな?



gt2018040722


あっさり追いつきました。
そりゃタイヤの状態が全然違いますからね。

とはいえもう抜ける場所じゃないので、このまま後ろでガマンしようかなと……



gt2018040721


…toy選手コースアウト。

前に出ます。



gt2018040720


ウマいこと間に挟まってくれることもなく、EVO選手も続いてきます。



gt2018040719


という一連の動きでリズムが崩れ、ペンギン選手はちょっと失速。
ビタビタに来るEVO選手。



gt2018040718


最終コーナー、ぴーんち!



gt2018040717


が、微妙に曲がっているホームストレートをインベタで走り、難を逃れます。



gt2018040716


ほっ…



gt2018040715


そこからはまたしばらく何も…



gt2018040714


起こらず。

差はずっとコンマ5秒くらいのまま。
11周目に入ったとき「まだ3周もあるのかよー!?」と本気で思いました(笑)



gt2018040713


ファイナルラップ!!



gt2018040712


さすがにタイヤが怪しげ。
1コーナーで微妙にアウトにはらむペンギン選手。



gt2018040711


ヘアピンのブレーキングで軽く接触。
EVO選手のテンションが上がっているぞ!!



gt2018040710


並ばれ…



gt2018040709


…てない! まだ!



gt2018040708


次のコーナーを過ぎれば得意の高速セクション。
耐えるでー!



gt2018040707

gt2018040706

gt2018040705

gt2018040704

gt2018040703

gt2018040702



よしっ!!( °Д°)




元チームメイト同士。
なんというフェアな戦いでしょう。








gt2018040701






cara選手欠場によるタナボタ連勝。
とはいえ、連勝。


本当にありがとうございました。



にしてもペンギン選手的にはずーーーっとプレッシャーを受け続けて、メチャメチャ疲れるレースでした(笑)








次回は鈴鹿30分レース。

予選は2位のライオン選手に100分の3秒差で今シリーズ初のポールポジション!!
とはいえペンギン選手のマクラーレンは高速コーナーに全振りしたセッティングにより、決勝は未知数……


なるか!? 奇跡の3連勝!!?