matsuirena201803271






さてさて。


3月25日、日曜日。

競馬、高松宮記念
2018年F1開幕戦、オーストラリアGP決勝
そして#乃木坂46時間TV


これらを全て蹴っ飛ばして「TRY TALK TIME 2018~松井玲奈独演会」に参戦して来ました。



まぁ 在宅イベントとリアルイベントで前者を選択するヒトはいないでしょうが…



もうね、イチかゼロか。
ワタクシこの日程が判明した瞬間に乃木坂46時間TVは1秒も見ないと心に決めましたそして実際に見なかった!!





こういうネタもありましたし。

でもあれ実際、見始めちゃうとリアルに永遠に目が離せなくなっちゃうんで。
睡眠不足製造機みたいな、ある種、悪魔の番組……


…いや違う。

見てないネット番組のことはどうでもいい。
松井玲奈独演会です。








※以下、ネタバレです。












なにげに人生初、ダブルヘッダー。

記憶違いか勘違いか
「同じ日の公演は両方申し込んでもどちらか片方しか当選しませんよ」
みたいな注意書きがあったような気がしたので、どっちか取れたらいいやと思って両方申し込んだら両方取れたという。


ちょっと気になったのは、けっこうな数の空席があったこと。
転売屋の仕業であそこまで? という気がしなくもないんですけど真実は闇の中。

FCイベントで三次発売とかしてたのも「あれ?」とは思いましたが…



演目は以下のような感じ。



1. 落語 「看板のピン」
2. フリートーク
3. 朗読 「星の王子様」
4. ジェスチャーゲーム
5. 抽選会
6. 撮影タイム
7. エンドトーク
8. オフィシャルお見送り




事前に知らされていたのは(たぶん)落語だけ。
去年もあった抽選会は、あろうと。
フリートークもそりゃあ、あろうと。
お見送りもありそうだと。

他は当日、知りました。




1. 落語 「看板のピン」


着物で登場。
なにげに和風の顔立ちですので、メッチャ似合ってました。

落語は「乃木どこ?」で「時そば」をやって以来、3年?4年?ぶりですね。
まさかナマで見られる日が来るとは思いませんでしたが…



フツーに面白かったです。
まぁ そりゃ腹抱えて大爆笑ってもんでもないですけど。


全く噛まないし。
キャラの演じ分けもわかりやすいし。
あと地味に、落語が始まる前の「掴みのトーク」的なのが1部と2部で全然違ったのも芸が細かいなーと。

玲奈ちゃんは「緊張した!」と言ってましたが全然そんな感じに見えず、堂々としたモノで。
2部では途中、グッズ(手ぬぐい)に絡めたアドリブなんかも入ったりしまして。



「オレの初めての落語、玲奈に捧げた。」


これ、僕の言葉じゃないですからね?
玲奈ちゃんが1部のエンドトークで言ったことですからね?
「感想Twitterでつぶやいてくださいね」「↑とかwww」「しょーもなwwwwww」みたいに(笑)




2. フリートーク


とまぁ 落語は落語でレア感と面白さで良かったんですけど。
やっぱりお客さん的に一番盛り上がったのはココ。

1部はファンの年齢層が上がっていることについて。
2部は「グレイテスト・ショーマン」について。


「グレイテスト・ショーマン」ってどっかで聞いたことあると思ったら、ハリー杉山氏が激推ししてたヤツでした。
ちなみに玲奈ちゃんが大好きなザック・エフロンは齋藤飛鳥さんも好きみたいです。



好きなことについて話してるときの玲奈ちゃんはホントにイキイキしてますね。
何言ってるかわかんなくても見てるだけで幸せな気持ちになります。
それだけに……



短い。


フリートークの時間が。

「話し上手じゃない」みたいに言ってましたけど全然ぜんぜん。
っていうか我々FC会員なんて「練習台」なんですから、そう思うならむしろ来いと、それで来いと。

こういうところでドラマの裏話とかイロイロ出るんじゃないかと思って「海月姫」見て行ったのに1ミリも触れないんですわこれが。


残念ですねーココを強調してほしかったですねーあー残念だー。




3. 朗読 「星の王子様」


玲奈ちゃんが(たぶん)やりたいこと、のコーナー。
事前に「寝てもいいですよ」と。

実際寝たヲタもいたとかいないとか。
その寝たヤツは「朝まで乃木坂人狼」とか見ちゃったんじゃないかと予想。



すごく有名な本なのは存じ上げておりますが、もちろん僕は読んだことがありません。

文章としても、イキナリ聞いて理解するには難しい言葉がチョイスされていたりして、なかなか頭を使うという…
玲奈ちゃんが一生懸命読んでいるのでこっちも一生懸命聴いていましたが、けっこう疲れました。


1部は全然噛まなかったんですけどね。
2部のラスト1行は完全なる「噛み様」状態に。

3回くらい言い直したけどやっぱりダメで、最後には諦めて「おしまい(はぁと)」って(笑)




4. ジェスチャーゲーム


今回、最もチャレンジングなコーナー。


スタッフさんがお題をお客さんに見せて
お客さんがジェスチャーして
玲奈ちゃんが当てる

当てた数だけこの後の抽選会でサイン入りポストカードが出品されますよと。



まあ恥ずかしい。


いや例えば音楽的なライブでね?
Perfumeさんの「P.T.A.のコーナー」的なね?
10曲ちょっとやって「場」的にもお客さん的にも完全に暖まった状態だったらイケルでしょうよ?
でもこれフツーに座りのイベントで、しかも直前のコーナーが「朗読」ですよ?

けっこうね、Sっ気が出ちゃってるから玲奈さんの。
これは酷いSですよ完全に。



2部は「全員起立」でやったからまだマシでした。
1部は「立っても座ってもいいよ」と言われたから余計にキツかった。

なお非常にどうでも良い情報ですが、ワタクシがジェスチャーゲームをするのは小3のクリスマス会以来約25年ぶりでした。
ホント難しいんですよねこれ、適切な動きで且つ自分が思ってるよりずっとオーバーにやらないと伝わらないので。




5. 抽選会


当然、当たらず。
でもポスターとか当たっても困るからOK。




6. 撮影タイム


よくある
「スマホかケータイのみ」
「動画はダメ」
という。


通路側だったので、玲奈ちゃんがステージから降りてきてくれるのかなーと思ってドキドキしてたんですけど……



matsuirena201803272






スマホカメラの性能限界を感じる時間以外のナニモノでもありませんでした。



いらん!
いらんわこんなん!!









SNSの時代。
自分で撮る必要なんてなかったんだ(笑)




7. エンドトーク


あっという間の、約1時間半。


なんでしょうジェスチャーゲームで受けたダメージが最後まで残る的な。
あれはいらなかった。
撮影タイムもいらなかった。
むしろ抽選会もなくなって問題ない。




フリートークを
もっと!!



ほしい。

玲奈ちゃんハナシ面白いからね。
ずっと自分で話すのがキツかったら質問、要望、無茶ブリ(?)コーナーでもなんでもいいんですけど。
そういうのがほしかったんですよ↑で言ったように意味わからなくてもイキイキしてる玲奈ちゃんを見てるだけで良いので。


既に言ったように「練習台」なので必ずしも需要と供給が一致する必要はないんですけど。
もし、歩み寄る気があるなら歩み寄ってほしいなと、次回は。




8. オフィシャルお見送り


去年も思いましたけど何が「オフィシャル」なのか?
「アンオフィシャル」はあるのか?
謎すぎますが。


1部は無難に。




が、



2部は………







via GIFMAGAZINE




前2人がコミュ力お化けオジサンのガチSKE48ヲタ
歩きながら話す(1人目)歩きながら話す(2人目)
立ち止まってはいけない
オレ松井の前通り過ぎる
松井まだ前のコミュ力お化けオジサンと話してる
目合わない、目合わない、松井目線オレの次の人(乃木ヲタ)
ダークサイドに堕ちる


(ピーーーー)





日頃の行いですかね…

「かき氷芸人」とか
ドラマの役に「松井じゃなくてよくね?」とか

言ったバチですかね……

スマホのロック画面が「玲奈は玲奈でも武田玲奈」なのが悪かったんですかね………



takedarena20180327





ペンギンさんのことを一瞥もしなかった、横顔が目に焼き付いて離れない。




ファンは平等じゃないから良いっちゃ良いんですけど!
SKE48時代からずーーーっと応援してるヒトを大事にするのは当たり前ですけど!!


悲しい気持ちは、それとは別のハナシ。



駅までダッシュしました(完)