yasuedahitomi201803104

yasuedahitomi201803103

yasuedahitomi201803102

yasuedahitomi201803101


「マリッジブルー」って思いっきり和製英語だったんですね。

外人さんはならないんですかね?
それとも他の言い方があるのでしょうか?



記事タイトルはその逆です。
アツアツのベッタベタ、幸せ絶頂で浮かれきった新婚さんをイメージしたワタクシ製英語。

そう今、世界一の「マリッジハイ」夫婦といえば?

ピコ太郎&安枝ちゃん?
いえいえ。








トロロッソ・ホンダです。




トロロッソ「ホンダF1との長期契約は非常に大きなメリットになる」
今の我々は安定を手に入れる機会を得た。我々には長期プランがある。2019年、2020年にどのエンジンで走るのかが分かっている。そのため、ホンダと早い段階から話し合いを始めることができる。実際、すでに2019年の方向性についての協議を始めている。マシンデザインについてより最適に近いソリューションをかなり早い段階で得ることができる。これは非常に大きなメリットになる

トロロッソF1代表、ホンダとのワークス関係に大きな期待「ハイレベルな戦いができるようガンバリマス!」
これまでエンジン独占供給を受けた経験がないトロロッソが歴史のあるホンダとパートナーになり、これからともに進んでいくことにわくわくしている
我々がハードワークを重ねて開発したSTR13がサーキットを駆ける姿を目の当たりにすることが待ちきれない。いよいよ、シーズンの始まりだ……。Gambarimasu(ガンバリマス)!!

「トロロッソ・ホンダは2018年のうちにマクラーレンを超える」とチーム代表が自信
マクラーレンのことは気にしていない。最終的に彼らより我々の方が強力なパッケージを手にすることができると私は確信している

「ホンダはトロロッソ史上最も信頼性が高いパワーユニットを作ってくれた」とチーム首脳
今のところ非常に高い信頼性を示している。今の状態が続くことを願っているよ。PU時代が始まってから我々が使用したもののなかで信頼性が最も高いPUだ。だからとても満足している
彼らは去年終盤には困難な時期を抜け出し、そしてエンジンを進化させていたと思う。彼らが今の開発ペースを維持するとともに、信頼性に関して必要なすべての情報を学び続けてくれることを、我々としては願っている。今のところ、それができていると思う

ホンダF1田辺氏「パワーユニットの信頼性は完璧。パッケージが順調に進歩している」
ホンダF1のテクニカルディレクター、田辺豊治氏は、ここまでの7日間のテストのなかでパワーユニットが完璧な信頼性を示していると語った。

ホンダF1、最終日にデータ異常発生も、1台のPUで7レース以上の距離を走行「理想的なスタート」と田辺氏
今回初めて8日間のサーキットオペレーションをトロロッソと一緒に行いました。互いにオープンで率直なコミュニケーションが取れており、チームとしていい形で機能しています
まだシーズン前のテストが終わっただけの段階ですが、理想的なスタートを切ることができました。2人のドライバー、そしてトロロッソとメルボルンで開幕戦を迎えることが非常に楽しみです




あっつ(笑)




さすがにそんなに簡単じゃないですよ。

どんな奇跡が起こってもコンスト4~5位が限界。
現実的には6~7位が目標。

もちろんそれはトロロッソもホンダもよーーーくわかってることだとは思いますけども。


ただ、テスト前は「できたらいいな」くらいだったモノが「できるかもしれない」に変わってきたことは事実っぽい。
見る側としても、そりゃ去年までも開幕は楽しみでしたけど、こんなに「ワクワクする」のは久しぶり。

「チーム名」じゃなくて、実際に走ってるクルマが期待させてくれる。
すごく当たり前なのにオカシイくらい新鮮な気持ち(笑)



2018年F1世界選手権、開幕戦オーストラリアGPは3月23~25日に開催されます!!















ちなみに、別れた相手……