oshinosara201712265

oshinosara201712264

oshinosara201712263

oshinosara201712262

oshinosara201712261


体調不良で会社を休んだワタクシです。


普段というか、今までならこれくらいで休むなんてあり得ませんでしたけどね。
ちょっと扁桃腺が腫れた感じがして、耳のトコロが痛いくらい。

でも別に今日出社してもやることなかったので。
有休、30日以上余ってるので。

問題なっしん
やる気なっしん
ぐーぐぐーぐぐーぐg(以下略)


一日寝てました。




突然ですが、リクエストがあった気がしたので製造業技術系平社員の業務一覧。



● 設計(仕様書、設計書)
● 評価(実験報告書)
● 特許(調査報告書、アイデア提案書)
● 会議(説明資料、議事録)
● 雑用(○○依頼書、等)




分類するとこんなところ?

カッコ内は代表的なアウトプットです。
こうして書き出すと「なんとか書」ってのばっかりで時代遅れ感パネェなって思いました。


「エンジニアじゃなくデザイナーでありたい系」設計者としては当然、一番上の「設計」業務に重きを置きたいところです
が、現実はその下にある「評価」が時間ベースで全体の8割近くを占めるメイン業務になってしまっているという。


派遣さんが大量にいた時代は違ったんですけどね?

「自分で設計したモノを自分で評価するのは当たり前」なんて耳障りの良い言葉は幻想。
実際それをやっちゃうと、ものすごく効率が悪いですよ本当に。



で、最近また増えてきているのが「会議」。


「また」と言ったのは一時期、減らそうとがんばったんですよ全社的な取り組みで。
時間は1時間以内にしようとか会議室の椅子を撤去してしまおうとか。

それがこの1年くらい、元の木阿弥どころかそれ以前よりさらに悪化したような状態になってしまって。
原因はいくつか考えられるのですが―――



● 課長クラスが激務によってバカ化
● ただのアピール
● 一部の部署のブラック化




―――このあたり。


課長クラスのバカ化は割とヤバめの問題ではありますが、以前からありました。
忙し過ぎて休めな過ぎて頭が回らず最大パフォーマンスの10%も発揮できない廃人状態になっているということです。


早死にするでしょうねあのヒトたち。
それか、誰かが社内で倒れてそのまま逝くレベルのことがあれば何かが変わるかもしれませんけど。

この間はさすがに酷すぎたので
「はぁ!?」
「意味がわかんない!」
「やめましょうよ無駄ですよ!!」
と、声を荒げてしまいました(久々に社内でキレた)


2つ目はありがちですが極悪。

「死ぬほどがんばってますよー」「これでダメでも仕方ないですよー」という、上層部へのアピールに担当者の労働時間が使われるパターン。
特に必要のない会議に同席させて長時間拘束して、結果的に夜遅くまで残業させて全体の工数を底上げするという卑劣な手。

ありがちなのは問題が起きたときに毎日開催される「××報告会」。
毎日とか意味ねーから。
やりたきゃ勝手にやってろ。



3つ目はもうね…


ホワイト企業を目指すなら、まずは「ブラック顧客」を切りなさい
従業員の立場に配慮せず、相応の対価も払わず、要求ばかり激しい存在は「ブラック顧客」扱いされる。彼らは当然「神様」ではない。


これ↑の社内バージョン。

会議に限ったことじゃないんですけどね。
ブラック部署が開催するブラック会議でブラック業務を振られる。


アウトプットは「虚無」。




さあ終わりましょう終わりましょう。
2017年は終わりましょう。

明日は仕事納めなので、今より悪化しなければヌルっと出社しようと思います。