nishinonanase201701274

nishinonanase201701273

nishinonanase201701272

nishinonanase201701271


自分の人生と関係ない美人は「無縁小町」~名前はマダない~


すごい時代になったもんですよね。
たった1000円で、本来なら間違いなく「無縁小町」であるはずのヒトと握手したり会話できたりするという。

人生のドーピング。
幸福のRMT。
快感のチートプレイ。


悪く言えばね?

ビジネスとしては本当にハンパない。
ファンサービスとしても。


天才としか言いようがない。





ところが!


ここへきてそんな秋元康軍団を超越するサービスを生み出した、我らが倉木麻衣ちゃん。
前の記事では否定的な意見を書きましたが、実際に楽しんだりこれから楽しみにしているヒトがたくさんいることも事実。



でもワタシは行かない。


基本的にこういう、ちゃんとしたライブ以外のイベントモノは行かない派。
仮にこれがハイタッチ会だろうと握手会だろうとハグ会… だったら行きますけど(笑)

いずれにせよ、今回は特に行かない。
絶対に行かない。




なぜなら自分が写真に写るから。


これはリアルに昔から
写真に写るのが嫌いで嫌いで
写真に写った自分が嫌いで嫌いで嫌いで

ひたすら嫌いで。


家族に撮ってもらったモノもなければ中学高校時代の修学旅行とか体育祭とかそういうイベント全部カメラを避けに避けてました。

仮に今日、死んだとしたら遺影が高校の卒アル or 免許証の写真になるんじゃなかろうか?
さすがにそれは恥ずかし過ぎるから、今から「ペンギンのイラストにしてくれ」と遺言状を準備しておくか?

え? そっちの方が恥ずかしい?



とにかく。


白すぎて顔が飛ぶとか
表情に乏しいとか
それらイロイロひっくるめて幽霊でしかないとか

理由を言葉にしようと思えばできますけど、もはやそういうレベルじゃない。
写真を撮ろうとジッとしてたらエコノミークラス症候群になって死んだ武士が前世だとかそういう?



謎です。

が、


同じ症状(?)のヒト、けっこう多かったりしません?