hoshinamizuki201608315

hoshinamizuki201608314

hoshinamizuki201608313

hoshinamizuki201608312

hoshinamizuki201608311


小学校の頃は「暇だ」が口癖
中1、中2はほぼ部活
中3は何をやっていたかこれっぽっちも記憶にナシ
高1、高2はやっぱり部活
高3は自宅に引きこもって受験勉強

↑ワタクシの場合。


という夏休みがついに! 終わっちゃいましたねー小中高生のみなさん!!



…大学生のみなさんはあと1ヶ月。

「人生の夏休み」とはいうものの、さすがにやっぱオカシイ(笑)



8/31はとくべつ企画「1日でできる自由研究」を0時に公開!: デイリーポータルZ 制作日記(DPQ)
そもそも大人で自由研究やる必要ないっすわという方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、そういったみなさまもぜひひとりひとりの心の中にある自由研究を完成させるべくお付き合いください。


「心の中にある自由研究」とは深い。

確かに人間、何かを不思議だと思う気持ちがなくなったらオシマイですからね。
ワタシもできる限り、可能なら死ぬまで持ち続けたいと思っております。








ダイダロス計画 - Wikipedia
ブレークスルー・スターショット - Wikipedia


「ダイダロス計画」の宇宙船は、Wikipediaには地球軌道(衛星軌道じゃない)で建造するって書いてありましたけど
「コズミックフロント☆NEXT」の「恒星間飛行」の回では木星軌道で15年かけて造るって言ってました。

なんでも、燃料のひとつである「ヘリウム3」のガスを木星の大気から入手するためだとか…


宇宙空間で造る理由は「デカすぎて打ち上げられないから」ですが、1970年代の計画なのに今でも夢物語のように感じられます。

まず木星近くまで有人宇宙飛行するだけでキツイ。
核融合に関しても、人類としていまだにモノにできていない(と思う)技術ですし。



でもなんというか、これくらいブッ飛んでるハナシの方がいかにも宇宙計画っぽくてワクワクするのはワタクシだけでしょうか?


今年発表された「スターショット計画」はより現実的なんでしょうけど、ちょっと地味に思えちゃう(笑)