gt201604243

gt201604242

gt201604241


オープンロビーで野良っていると、思いがけず手強いライバルと出くわすことがありますよねー。

特定の条件で走り続けているヒトって、その条件では超速いです。
いや、他の条件でも速いのかもしれませんけど(笑)


そういえば、富士用のGT500は一度もマジメに作ったことがありませんでした。

ので…




Nissan GT-R GT500 ベースモデル '08
530PS制限 富士スピードウェイ タイムアタック用セッティング


パフォーマンスポイント 600 PP
最高出力 530 PS
車両重量 1100 kg
前後重量バランス 50 : 50
タイヤ RS / RS

後付けパーツ
ボディ剛性アップ
エンジンチューン ステージ3
中回転ターボ

足回り
車高調節 70 / 65
スプリングレート 12.00 / 13.50
ダンパー(縮み側) 4 / 5
ダンパー(伸び側) 4 / 5
スタビライザー(ARB) 4 / 4
ネガティブキャンバー角 1.0 / 0.4
トー角 -0.10 / +0.50
ブレーキバランス 5 / 5

駆動系(トランスミッション)
1~6速 4.917 / 3.606 / 3.080 / 2.559 / 2.079 / 1.710
ファイナルギア 2.050

駆動系
LSD(イニシャルトルク / 加速 / 減速) 10 / 10 / 50

パワー系
パワーリミッター 65.9

ボディ系
ダウンフォース 400 / 350




富士といえばもちろん長い長いホームストレートがありますから、ダウンフォースは極力減らしたいところですけどね?
前半のコカコーラ~100R~ヘアピンを速く抜けるためにはフロントの入りは絶対に必要ということで…

こうなりました。


重タン状態で1分30秒前半は出したいところですが、まだちょっと足りない?
かなり上手く走れればイケるものの、レースを考えると余裕がほしいかなーと思います。


次は負けねえ( ゜Д゜)カッ