ryoppen20151213


パワーポイントが大好きな会社と禁止する会社に感じた違い

「パワーポイント大好き」な会社では、それが理解しやすいと思っていることが多いのですが、この「理解しやすい」にこだわるのは、「異論が出ないようにしたい」ということで、要するに一方的な報告、説明だけにして、できるだけ「議論をせずに済ませたい」と考えていたように思えたということです。


そうだよ。

知らなかったの?(・ω・)



まぁ ワタシは設計なので、お上のヒトたちや営業がどうやってるのか知りませんけどね?
少なくともこっちの世界では社内打ち合わせなんて事前の根回しでだいたいのことは終わってるんですよ。

会議は何かを決める場所ではなく、決めたことをみんなで確認する場所です。


…それだけに、根回しが不十分だと悲惨な結果を招くこともあったり。




それはともかく、パワポはいわば「下っ端の美学」を発揮するためのツールでもあるので禁止されたら困りますな。


美学は大事ですね。

いかに早く作って楽をするか?
いかにテキトー過ぎとも手を掛け過ぎとも取られない、ちょうどいいキレイさを出すか?

大事なのはどのデータを入れるかではなく、どのデータを端折るか?


下っ端の中ではそのあたりが綿密に計算されて、安っぽいながらも膨大な量のノウハウが詰まってるわけです実は。

そこに美学があるんですわ。
受け手もだいたいわかってるとは思いますけどね( ・3・)