kishiasuka201404023

kishiasuka201404022

kishiasuka201404021





ところがどっこい

今やかなりの数の企業(主に大手だと思いますが)に「社内SNS」なるモノが存在しまして。
機能的にはFacebookやTwitterとなんら変わらないレベルの、です。


いいね! 的なモノであったり
つぶやき機能的なモノであったり

ウチの会社にもあります。


僕としては、コレをやってしまったらあまりにも仕事とプライベートの境界線がなくなりそうで参加してませんけどね?
実際けっこうな人数のヒトが参加しているような雰囲気も、なきにしもあらず?(Facebook的な感じで中身は登録しないと見れない)



「リアル」って何でしょう?


その場に行って、会って、見て、聞いて、話すことだけがリアルなのでしょうか?
何十通も仕事のメールをやり取りしていても、SNSで何年間も交流してても、会ったことがければ「知り合い」とはいえない?


確かに、普通に生きて、暮らしていく分にはそれで良いかもしれません。
昔のヒトはみんなそうだったんですから。


でも狭いな。
ちょっと狭いです。

だってある程度の大人になると結局、そのレベルの「リアル」ってほとんど職場の中までしか届かなくなっちゃうから…


わざわざ自分から、半径数十メートルにまで世界を狭めるなんて、もったいないですよね。