gt201310085


人生において、無駄な時間なんて1ミリもない。




…と、思いたいところですが、言うまでもなく実際はあるわけで。










FBC in GT5 Final "SUPER GT400" Round 3@ニュルです(・ω・)ノ






gt201310084


ウェイトハンデ76kgを背負うペンギン選手は予選から苦戦模様。

ハンデなしのときに比べて1周あたり1秒半ほど遅いうえに、タイヤの摩耗も早い…
どうもNSXは他のクルマに比べてもウェイト感度が高いみたいですね。


それでも奇跡的に5番グリッドを確保。



で、決勝。

これ以上ない完璧なスタートを決めて4番手に浮上!!





1コーナーは危険なヘアピンなので、前のクルマに追突しないようにそーっとブレーキング…




…と?




gt201310083


「コツン」


gt201310082


「ガンッ」


gt201310081





リアサスと駆動系(エンジン)が壊れて万事休す。
ここからの約30分間は10位=1点のためだけに機械的に走る、それはそれは不毛な時間になりましたとさ!




おつかれさまでしたー。





優勝は2番目に重いウェイトを積んでいたEVO選手でした。

シリーズポイントは早くも完全な独走態勢。
このあたりでBOPきますかね?






次回はモンツァです。

ここも1コーナーでハードブレーキングがあります(;--)